シミを消す化粧品について。紫外線、活性酸素によって生成されるメラニン色素を薄くしたり、予防する成分を配合した化粧品、クリーム、美容液など。シミ対策の基礎知識なども解説。

シミの種類とシミを消す方法について



シミは後天性の色素細胞異常症のひとつで、原因の8割は紫外線です。その他、ホルモンバランスや炎症、加齢などがあります。基底層にあるメラノサイト(色素生成細胞)が刺激を受けることで、メラニン色素が生成されます。ここではシミの種類について紹介します。

老人性色素斑



頬骨や目尻にできやすいシミ。円形ではっきりしたシミで、年々大きくなり、色も濃くなってしまうシミです。薄茶色で大きさは様々。30代後半から40代で目立ちやすくなる傾向があります。

老人性色素斑の原因は紫外線です。紫外線を浴び続けることでシミは濃くなります。また、加齢によってターンオーバーが低下すると、シミが沈着してしまいます。

老人性色素斑の改善にはハイドロキノン配合の美白化粧品が有効です。また、ターンオーバーの改善も大切です。ターンオーバーの促進にはトレチノイン、ピーリング、L-システインなどがおすすめです。濃くて大きなシミにはQスイッチルビーレーザーによる治療が有効です。

炎症性疾患



ニキビ、虫さされ、かぶれなどの炎症が原因でできるシミ。ニキビの赤みが引いても色素沈着が残っている状態です。

炎症性色素沈着の改善にはビタミンC誘導体やハイドロキノン配合の美白化粧品が有効です。その他、ターンオーバーを改善するL-システイン配合の飲み薬などが有効です。レーザー治療は炎症性色素沈着を濃くします。

肝斑



肝斑は頬骨部分に左右対称にできるシミです。女性ホルモンの影響でメラノサイトが刺激され、シミが発生します。第2子出産後に多く、30代~40代に多いシミのひとつです。

肝斑の改善にはトラネキサム酸の内服薬が有効です。擦ったりして肌を刺激しないことも重要です。ビタミンC誘導体やハイドロキノン配合の美白化粧品の併用も有効です。レーザー治療はあまりおこなわれていません。

そばかす



そばかすは遺伝的な要因でできるシミです。1~4ミリ程度の小さな茶褐色の斑点が左右対称に点在しています。顔だけでなく、背中や胸元にもできることがあります。

そばかすには美容皮膚科でのフォトフェイシャルが有効です。光の力でシミの色素を分解していきます。レーザーに比べて肌への負担が少なく、ダウンタイムも殆どありません。

シミを消す美白成分について



シミを消す化粧品には様々な美白成分が使用されています。出来てしまった黒色メラニンを還元する成分、ターンオーバーを促進してシミを排出する成分、チロシナーゼ酵素を阻害してシミが出来るのを防ぐ成分がありす。

●黒色メラニンを還元して薄くする成分

・ハイドロキノン
ハイドロキノンは欧米では美白剤として以前から使われていました。日本では2001年の規制緩和によって化粧品に使用されています。 ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれ、出来てしまったシミを還元する作用があります。さらに、チロシナーゼ酵素を阻害してメラニンの発生を抑制する作用があります。

化粧品で使われるハイドロキノンの濃度は2%程度がほとんどです。それ以上の濃度になると、肌への刺激が強く、炎症やかぶれを起こしやすくなります。皮膚科では5%のハイドロキノンも処方されています。他の美白有効成分と比べてシミを改善する作用が強いのですが、熱や光で酸化しやすく肌へのダメージがあります。夜のみ使用するのが一般的です。



・ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体にもシミを還元する作用があります。ハイドロキノンほどの強い効果はありませんが、炎症による色素沈着に効果的です。ビタミンC誘導体にはシミを予防する作用、抗酸化作用、皮脂抑制作用などもあります。シミ対策だけでなく、ニキビや毛穴ケアにも有効な美容成分です。

●シミを排出する成分

・トレチノイン(レチノール)
トレチノインとはビタミンA誘導体です。肌の角質を剥がす作用があり、ターンオーバーを強力に促進します。出来てしまったシミやニキビ跡の改善に有効です。ただ、皮剥けや赤みなどが発生します。敏感肌の人には使用をおすすめしません。また、妊婦さんは使用できません。

・L-システイン
ハイチオールCなど、飲み薬にも使用される成分です。ターンオーバーを改善することでシミの排出をサポートします。さらに、紫外線によって発生する活性酸素を阻害する作用、疲れを軽減する作用、二日酔いを緩和する作用などもあります。

・4-MSK
資生堂の美白化粧品に使用されている美白成分です。サリチル酸誘導体とも呼ばれ、角質溶解作用があります。角質を溶解することでターンオーバーが改善し、シミの排出を促進します。

●メラニンを抑制する成分

・アルブチン
コケモモ、ウワウルシから抽出される美白成分。シミの原因となるチロシナーゼ酵素やTPR-1酵素を阻害する作用があり、メラニンの生成を抑えてシミを予防します。

・コウジ酸
酒、味噌、醤油などに使われる麹に含まれる発酵成分。チロシナーゼ酵素が働くのを抑制する作用があり、シミの発生を抑制します。さらに、出来たメラニンを還元する作用もあります。

・トラネキサム酸
トラネキサム酸は肝斑に有効な美白成分です。微弱炎症を抑制する作用があり、メラノサイトの活動を抑える作用があります。肝斑には飲み薬が使用されています。

シミ化粧品ランキグン おすすめ

アンプルール
1,890円 送料無料
アンプルールには新安定型ハイドロキノンを配合した美容液をはじめ、化粧水、日中美容液、クリームがセットです。出来てしまったシミに有効なハイドロキノンを試してみた方におすすめのシミ化粧品。
アスタリフトホワイト
1,080円 送料無料
シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害するアルブチン、抗酸化作用のあるアスタキサンチンを配合。
サエル
1,480円 送料無料
ビタミンC誘導体でシミの原因を阻害。抗炎症作用のある植物エキスも配合し、敏感肌におすすめ。
出来たシミを消すならアンプルール!

スポット美容液に含まれる新安定型ハイドロキノンはカプセルに包まれているので、角質層の奥まで浸透し、メラニン色素に働きかけます。今あるシミに有効で、ビタミンCなどに比べると強い美白効果があります。


化粧水にはシミを予防するビタミンC誘導体をはじめ、抗酸化作用のあるレスベラトール、保湿作用のあるセラミドなどを配合。日中用の美白美容液にもシミを予防するアルブチン、ビタミンCを配合。


乳液ゲルには肌表面をカバーするシアバター、スクワランを配合。紫外線などの外部刺激をブロック。さらに、代謝を活性化するプラセンタエキス、アップルセルエキスを配合し、肌のハリ、弾力の改善をサポート。

シミを消す化粧品 徹底比較

比較 アンプルール ビーグレン プラスキレイ アスタリフト サエル
美白成分 ハイドロキノン
アルブチン
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ハイドロキノン アルブチン
ビタミンC誘導体
ナノAMA
ビタミンC誘導体
アルブチン
その他成分 ビタミンC誘導体
セラミド
αリポ酸など
オリゴペプチド
ポリアミン
アップレビティなど
レスベラトロール
アスタキサンチンなど
アスタキサンチン
コラーゲン
酵母エキスなど
セラミド
コウキエキス
ムラサキシキブエキスなど
価格 1,890円
送料無料
1,944円
送料無料
2,480円
送料無料
1,080円
送料無料
1,480円
送料無料
内容量 スポット美容液
化粧水
美容液
乳液ゲル
化粧水
美容液
クリーム
リッチクリーム
クリーム 化粧水
美容液
クリーム
先行美容液
化粧水
美容液
クリーム
特徴
新安定型ハイドロキノンを配合し、出来たシミにアプローチ。さらに、日中のシミを予防するアルブチン、ビタミンC誘導体等を使用した美容液などもセット。

ハイドロキノンを配合したクリーム、高濃度ビタミンCを配合した化粧水、美容液でシミにアプローチ。独自のQuSomeテクノロジーで美白成分がしっかり浸透。

ハイドロキノンを高濃度4%配合。出来てしまったシミの改善をサポート。その他、活性酸素を阻害するレスベラトロール、ビタミンC誘導体なども配合。

美白有効成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」がチロシナーゼ酵素を阻害してシミの発生を抑制。さらに、シミを改善するナノAMA、抗酸化成分を配合。

チロシナーゼ酵素を阻害するアルブチン、ビタミンC誘導体を配合し、シミを予防。その他、肌のバリア機能を改善するセラミド、抗炎症、抗酸化成分を配合。

シミ消し、改善のポイント

ハイドロキノンを使用する
ハイドロキノンは今あるシミを薄くします
ビタミンC誘導体を使用
炎症性色素沈着に有効で、シミを予防する作用あり
保湿をしっかり行う
角質層のバリア機能で紫外線をブロックする
活性酸素を阻害する
抗酸化成分で細胞ダメージから肌を守る
紫外線対策を欠かさない
日焼け止め、ファンデーションなどはしっかり行う
ターンオーバーを促進する
血流改善、角質ケアでメラニン色素の沈着を抑制

シミの原因の多くは紫外線です。そのため、日焼け止め、ファンデーションなどでUVケアをする事が非常に有効です。紫外線はUVA波とUVB波があり、シミはUVB波が大きな要因です。UVB波はサンバーンという炎症を引き起こし、メラノサイトを刺激します。UVB波は日焼け止めのSPFの数値が重要です。買い物などの外出ではSPF25以上、レジャーやキャンプなどの長期の外出にはSPF50以上がおすすめです。ただ、敏感肌の場合、SPF40以上は刺激によって赤みが出ることもあります。その場合はSPF25程度の日焼け止めを繰り返し使う事をおすすめします。


紫外線対策ではファンデーションも大切です。ファンデーションはパウダーファンデーションがおすすめです。リキッドやクリームのファンデーションは油分が多いため、酸化しやすく、肌に刺激が強めです。パウダーファンデーションは低刺激で紫外線をブロックする働きがあり、敏感肌でもおすすめです。最近では油分を一切使っていないミネラルファンデーションも人気です。


シミ対策では抗酸化対策も重要です。紫外線によって発生する活性酸素は細胞を錆びつかせ、代謝を著しく低下させ、シミやシワなどの肌老化を引き起こします。そこで抗酸化作用のある成分を配合した化粧品を使用したり、食事を摂るようにします。抗酸化作用のある成分にはアスタキサンチン、リコピン、ビタミンC誘導体、フラーレンなどがあります。栄養素としてはビタミンA,C,Eをはじめ、アスタキサンチンを配合したサケ、エビ、カニがあります。また、カテキンを含んだ緑茶やセレンを含んだウニ、リコピンを含んだトマトなども抗酸化対策に有効です。


シミには様々な種類があります。最も多いのが紫外線と加齢による老人性色素斑です。紫外線を浴び続けることで、メラニン色素が発生し、ひどくなると濃い茶色になり、化粧品で落とすのが難しくなります。濃くなったシミにはレーザー治療が効果的です。そのほかにはニキビを潰した後に出来やすい炎症性色素沈着があります。ビタミンC誘導体やハイドロキノンを配合したシミ化粧品が有効です。おすすめの美白化粧品は、ハイドロキノン配合のアンプルールです。肝斑はホルモンバランスの乱れなどによって発生します。40代からのシミに多く、トラネキサム酸配合の内服薬が効果があります。ソバカスは遺伝がほとんどです。フォトRFオーロラなどの高周波エネルギーによる治療が有効です。さらに、美白化粧品の体験談やランキングについて詳しくはこちらで紹介しています。

ターンオーバーを正常化してシミ対策



シミ対策にはターンオーバーを改善も重要です。色素沈着を皮膚の外に排出するために、新陳代謝を上げて肌周期を改善する必要があります。ここではターンオーバーを改善する方法について紹介します。

●ピーリング石鹸
ピーリング石鹸はフルーツ酸が配合された石鹸です。酸の力で古い角質を分解し、肌の代謝を改善することができます。フルーツ酸には刺激があり、敏感肌の場合は炎症を起こす事があります。ピーリングには低刺激のリング酸やクエン酸もあるので、乾燥肌や敏感肌の場合、低刺激タイプから使用することをおすすめします。

●レチノイン酸(ビタミンA誘導体)
レチノイン酸はビタミンA誘導体の一種です。ハイドロキノンと使用するトレチノインもレチノイン酸の一種です。レチノイン酸も角質を取り除く作用があり、ターンオーバーの改善やシワの改善をサポートします。ただ、刺激が強いため皮が剥ける症状などがでます。敏感肌や妊婦、授乳中の女性は使用できません。

●プラセンタ
プラセンタは胎盤から抽出された成分です。ヒトプラセンタは病院でのプラセンタ注射で使用されています。馬プラセンタや豚プラセンタはサプリメントで使用されています。成長因子や核酸、アミノ酸などが配合されているため、ターンオーバーの改善をサポートします。

●血行促進
代謝の促進には血流改善が欠かせません。血液に含まれる栄養や酸素を基底層細胞に届けることで代謝が改善し、ターンオーバーは正常化します。血流改善には食べ物やサプリによる内側からのアプローチと、ローションなどによる外側からのアプローチがあります。

食事ではトマトや青魚、納豆などが有効です。トマトに含まれるリコピンは血液中のコレステロールの酸化を防ぎます。青魚に含まれるDHAやEPAには血中脂質やコレステロールを抑制する作用があり、血流改善をサポートします。納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓が出来るのを予防します。

外側からのアプローチではヘパリン類似物質などがあります。ヘパリン類似物質は浸透性に優れ、基底層細胞にまで浸透して血流を改善します。血流改善作用によってターンオーバーが進み、シミの排出などをサポートします。

シミの原因について

何故顔にシミが出来てしまうのでしょうか?それには原因や理由があります。ここではシミの原因について紹介します。


・年齢には勝てないものです
シミは30代まではあまり出てこないと言われています。 人間は年を取りますし、年齢を重ねることでシミが突然目立つにようになります。30代以降になるとシミが少しずつ出てくる女性が増えてきます。

シミの要因に年齢による老化があります。紫外線などを若い内から浴びることで、メラノサイトが働き、シミが発生しやすくなります。 年齢と共にターンオーバーが遅くなり、メラニン色素の排出が遅くなるので、紫外線対策は特に大切です。

若い内から紫外線をたっぷり浴びてしまっていた人は、40代になると老人性色素斑と呼ばれるシミが増えてきます。 夏場にUVケアをしないというのはもってのほかで、もしケアをおろそかにしていた女性であれば、30をきっかけに顔にシミが出来てくると言われています。一度濃くなったシミはシミ化粧品ではなかなか改善できません。


・ニキビやスキンケアでもシミが出来る
ニキビ跡が残るほど大きく炎症が酷かった場合、炎症性色素沈着というシミになることもあります。 老化とは関係なく、ニキビ体質だった人は注意が必要でしょう。 特にニキビを潰すと赤味のあるシミができ、その後紫外線によって色素沈着してしまう、という具合になります。

さらに間違っているスキンケアを長年続けてくると、年齢によってシミが発生します。 化粧水を年齢の数だけパッティング、などというものを信じている人はもういないとは思いますが、あまりに強くぱちぱちとパッティングを行っていると、それが刺激となりシミの原因となります。顔を擦ると炎症を引き起こすので、化粧水や美容液などはハンドプレスをおすすめします。


生活習慣、食事など
ストレスが過度にかかってもシミの原因になります。睡眠不足やストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こします。産後や更年期なども女性ホルモンのバランスが崩れ、肝斑と呼ばれるシミを引き起こします。また、女性ホルモンは代謝にも関係し、シミの排出を促進する働きもあります。

食生活がバランスよく摂れていなければそれだけでもシミ予備軍となり、メラニンがここぞとばかりにお肌の奥で控えているのです。食事ではビタミンC、Eをシッカリ摂る事をおすすめします。ビタミンCには抗酸化作用、チロシナーゼ酵素を阻害する作用などがあります。ビタミンCはイチゴ、ブロッコリー、パプリカなどに含まれています。ビタミンEはビタミンCの働きをサポートします。ビタミンEはカボチャ、アボガドなどに含まれています。 睡眠をしっかり確保し、バランスよい食生活を続け、スキンケアをしっかり行っておくことでシミが出来るのを遅らせることが出来ます。

男性のシミ対策

近年では男性でも美意識の高い人が増えてます。脱毛やニオイ対策はもちろん、シミケアを考える人が多く居ます。ここでは男性のシミ、美白について紹介します。



・男性のシミは老人性色素斑が殆ど
男性も30代を過ぎると、シミが目立ち始めます。男性のシミは老人性色素斑が殆どです。女性と違い、ファンデーションや日焼け止めを使うことがないため、紫外線による影響が少しずつ出始め、50歳を超えると8割近くの男性に見られるシミの一種です。

シミの原因は男性、女性に関わらず紫外線が最も大きな要因です。特にスポーツをしたり、海などにいくことが多い男性は紫外線を多く浴びるため、シミが濃くなる傾向があります。男性でもUVケアをしっかりする事がシミ対策には欠かせません。

・男性のシミ対策
男性のシミ対策に人気なのが小林製薬のメンズケシミンです。メンズケシミンにはビタミンC誘導体が配合されたシミ対策用のクリームです。クリームをシミ部分に塗りこみ、しっかりと浸透させます。ビタミンC誘導体は紫外線によって発生するチロシナーゼ酵素を阻害する作用があり、メラニンの生成を抑制します。さらに、代謝を活性化するビタミンEも配合しています。

その他、人気の美白化粧品には、ウルオスのスキンホワイトニングがあります。メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸、細胞活性化作用のあるAMP(アデノシン一リン酸)を配合しています。ステックタペンタイプなので、シミの部分に直接ぬりこむだけで、シミを改善してくれます。

濃くなってしまったシミはクリームでは効かないことがあります。その場合はレーザー治療がおすすめです。美容皮膚科では男性のシミ治療も行なっています。光治療やQスイッチレーザーなどの治療法があり、美容皮膚科で相談にのってくれます。

シミ レーザー治療のメリット、デメリット



●シミレーザー治療の種類
肌の奥で濃くなってしまった炎症性色素沈着にはレーザー治療が有効です。シミで使用するレーザー治療はQスイッチルビーレーザーをはじめ、QスイッチYAGレーザーなどがあります。その他、レーザーを使わない光治療もあります。

・Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチルビーレーザーは、694nmの波長を出し、メラニン色素に作用するレーザー治療です。輪ゴムでパチンと弾く程度の痛みで、照射自体は一瞬で終わります。痛みを和らげる麻酔クリームを塗り、レーザーをあてていきます。皮膚に傷を残すことなく照射することができます。老人性色素斑の治療に使われています。

・QスイッチYAGレーザー
ルビーレーザーよりも強い光を発することで、皮膚の深いところまで治療が可能です。肝斑の治療やタトゥー、炎症性色素沈着の除去にも有効なレーザーです。1064nmの波長のレーザーでシミにしっかりとアプローチします。

・光治療(フォトシルクプラス)
メラニン色素に反応する光(UPL)を当ててメラニンを分解する治療法です。老人性色素斑、肝斑、そばかすに有効な治療です。さらに、コラーゲンを刺激することでハリ、弾力を改善する作用やニキビの赤みにも有効です。

●シミレーザー治療のデメリット

・術後のアフターケア
レーザー治療を行うと1週間ほどは保護用のテープで肌ダメージを抑えます。肌のバリア機能が極端に低下しているため、紫外線対策をしっかり行わないと、再びシミが出来てしまいます。また、治療後にカサブタができますが、無理に剥がさないように注意が必要です。。

肌にレーザーによる強い刺激を加えるため、一時的に色素沈着が発生することがあります。日本人はメラニン色素が多いため、レーザー治療後にでやすい症状です。シミが再発したと思われますが、種類が異なります。色素沈着を抑えるためには、ハイドロキノンクリームを使用することもあります。

●費用
シミ治療には保険は効きません。そのため、Qスイッチルビーレーザーは、は5ミリ以下であれば5,000円程度かかります。その他、メドライトC6と呼ばれるレーザー治療や光治療は1回あたり数万円以上かかります。価格はクリニック毎に異なります。

シミを消す化粧品 新着情報

 「ポーラホワイトショットCX」を追加しました。
 「レーザー治療」を追加しました。
 「サイクルプラス」を追加しました。
 「トランシーノⅡ」を追加しました。
 「白潤美容液」を追加しました。
 「プリモディーネ」を追加しました。
「シミ化粧品ランキング」について
シミ化粧品は美白化粧品とも呼ばれ、非常に多くの種類が販売されています。シミ化粧品には美白有効成分が配合されています。シミを作り出すチロシナーゼを阻害するビタミンC誘導体やアルブチンなどが配合されています。他に、紫外線を浴びることで発生するエンドセリンを阻害するトラネキサム酸やカモミラETなどが配合されたタイプ、出来たシミに有効なハイドロキノン配合タイプなどがあります。紫外線の多くは紫外線によって出来る老人性色素斑です。出来たシミにはハイドロキノン等を使用し、予防にはビタミンC誘導体やアルブチン配合のシミ化粧品がおすすめです。ただ、シミが濃く、大きくなってしまったらシミ化粧品だけでは薄くなりません。その場合は美容外科などで治療を受ける必要があります。