トップページ >  > 炎症性色素沈着を改善する方法

炎症性色素沈着を改善する方法

炎症性色素沈着はニキビなどの炎症によって発生したシミです。ニキビが出来たあとに紫外線を浴びるとシミは濃くなります。ニキビだけでなく、メイクによる摩擦や傷跡なども炎症性色素沈着を引き起こします。



炎症を起こすと、メラノサイトが刺激され、シミを引き起こします。対策としては肌への摩擦を避け、炎症の原因を避ける事です。また、日頃からパウダーファンデーションなどで紫外線をブロックするようにします。

美白化粧品も炎症性色素沈着には有効です。おすすめなのはビタミンC誘導体です。ビタミンCにはニキビの原因となる皮脂のバランスを整える作用があります。また、シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害する作用もあります。

炎症性色素沈着はレーザーでの治療には不向きです。ピーリングによる対策は有効です。ピーリング治療とはフルーツ酸などで古い角質を溶かし、ターンオーバーを促進することでメラニン色素を排出するシミ対策です。

ピーリングにはピーリング石鹸やピーリングジェルを使うホームピーリングや、美容外科で行うピーリング治療があります。ただ、ピーリングは刺激が強いため、赤みが出たり、皮がむけたりする事があります。家でピーリングを行う場合、週に1度程度にすることをおすすめします。

炎症性色素沈着はニキビなどの炎症によって発生したシミです。ニキビが出来たあとに紫外線を浴びるとシミ...