トップページ >  > 皮膚科でシミ対策

皮膚科でシミ対策



一般的な皮膚科ではどのようなシミ治療が行われているのでしょうか?総合病院など大きな病院ならレーザーなどがあるでしょう。 しかし一般のクリニックだとどうなるのでしょうか?顔にシミが目立ち始めた女性は、手軽なクリニックからまず通いたいものです。

・外用薬、内服薬で様子を見ましょう
まず、レーザー治療などを考える前に、塗り薬や内服薬で顔のシミの様子を見ることが一般的な皮膚科がとっている治療方針です。 美白効果のある外用薬の塗布、インナーケアとして飲み薬を使う、という方法です。 シミの種類を特定したうえで処方される薬なので、一般の皮膚科と言っても実力や実績の確かな医師のもとに相談をしましょう。 ただ、有効成分の効果が高ければ高い分だけ副作用があるケースもありますから、医師からしっかり説明を受けましょう。

・塗り薬と飲み薬
クリニック、皮膚科で処方される塗り薬は主に2タイプあります。 ハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏の2つです。 ハイドロキノンとは別称「肌の漂白剤」と呼ばれるほどの美白効果を持っている塗るクリームです。 シミの元のメラニンを合成するチロシナーゼを弱小化させるのでシミが出来るのを抑制します。さらに出来てしまったシミに働きかけて薄くする作用もあります。 また、トレチノイン軟膏とは肌のターンオーバーを促進、お肌のハリや弾力、うるおいをキープするものです。ターンオーバーが活性化することでシミの原因となる色素沈着の排出を促進します。

飲み薬に関しては、トランサミンというもの、ビタミンC誘導体、ビタミンEやL-システインなどがあります。 特にトランサミンはトラネキサム酸とも呼ばれ、肝斑の治療に使われています。ホルモンの影響によって生成されるプラスミンを阻害し、メラノサイトが活発になるのをブロックし、メラニン発生を抑制します。

ビタミンC誘導体は色素沈着を緩和してくれます。 ビタミンEはビタミンCと組み合わせると相乗効果が期待出来ますし、L-システインは美白効果があり、ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果を得られると言われています。市販のシミ対策の飲み薬の多くはLシステインとビタミンCを配合し、シミの排出を促進しています。 飲み薬の組み合わせは医師によって異なりますが、おおむね相乗効果を期待したものとなっています。

一般的な皮膚科ではどのようなシミ治療が行われているのでしょうか?総合病院など大きな病院ならレーザ...