トップページ >  > ハイドロキノンの効果、副作用

ハイドロキノンの効果、副作用

ハイドロキノンは欧米では美白治療で最も使われている成分です。もともとは写真の現像の還元剤として使われていました。国内では2001年に解禁され、化粧品の配合が認められました。

ハイドロキノンには強い美白作用があります。シミの原因となるチロシナーゼ酵素を抑制する作用に加え、出来てしまったシミを還元して薄くする作用があります。化粧品で使われているハイドロキノンの濃度は2%前後がほとんどです。それよりも高濃度になると、肌への刺激も強くなるため、美容皮膚科などで処方してもらうのが一般的です。



それでもハイドロキノンはビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白有効成分に比べるとシミを消す効果はあります。紫外線が原因によって出来る老人性色素斑に有効です。ホルモンバランスによってできる肝斑や遺伝が影響するソバカスにはあまり効果がありません。

ハイドロキノンは刺激が強いので使用時にも注意が必要です。ハイドロキノン自体が熱や光に弱いため、外出する時には使用を控えるようにします。紫外線に当たると酸化し、赤みや炎症の原因となります。そのため、ハイドロキノン配合の化粧品は夜寝る前に使用します。

市販のハイドロキノン化粧品ではシミが消えない場合は、美容皮膚科などで高濃度のハイドロキノンクリームを処方してもらいます。美容皮膚科ではハイドロキノンとトレチノインを併用して使います。トレチノインはターンオーバーを促進し、ハイドロキノンを浸透しやすくします。ただ、どちらも肌に刺激が強いため、敏感肌だと肌が赤く鳴ることがあります。

ハイドロキノンの副作用については、強い刺激による肌荒れがほとんどです。酸化しやすいため、紫外線を浴びないようにする必要があります。また、5%以上の高濃度ハイドロキノンを必要以上に長時間使用すると白斑になる可能性があります。高濃度ハイドロキノンを使用する際には医師にしっかり確認する事をおすすめします。

ハイドロキノンは欧米では美白治療で最も使われている成分です。もともとは写真の現像の還元剤として使わ...