トップページ >  > レーザーでシミを消す

レーザーでシミを消す



●Qスイッチルビーレーザー
真皮にまで落ちた濃くなってしまったシミは美白化粧品では改善しません。加齢、紫外線によって濃くなった老人性色素斑に有効なのがQスイッチルビーレーザーです。694nmの波長をだし、熱ダメージでメラニン色素を破壊するレーザー治療です。

Qスイッチルビーレーザーの治療
Qスイッチルビーレーザーはパチンと弾くような痛みがあります。痛みを抑えるために表面麻酔を塗布し、レーザーを照射します。治療後には保護シールを貼ります。

レーザー治療後のダウンタイムは1週間ほどです。レーザーを照射することでカサブタができます。このカサブタは1週間程度で剥がれ落ちます。無理に剥がすと肌への刺激が強くなるので注意が必要です。

●レーザー治療の注意点
レーザー治療を行なった半数くらいの人に発生するのが炎症性色素沈着です。治療後、3週間すると発生する二次的な色素沈着です。ただ、この色素沈着は老人性色素斑によりも消えやすく、ターンオーバーによって排出されます。

費用は5ミリ前後で1回6,500円、1平方センチで20,000円前後です。自由診療のため、クリニックによって価格は異なります。

肝斑にはQスイッチヤグレーザー「メドライトC6」



肝斑に有効なレーザー治療にメドライトC6があります。1064nmの波長を出すレーザーです。肝斑はレーザーが強すぎると悪化するため、均一に照射する「トップハット型」のレーザーを使用しています。

Qスイッチルビーレーザーのようなダウンタイムはありません。弱いレーザーを使って少しずつシミを破壊していきます。肝斑のレーザー治療は弱いレーザーで少しずつおこなうため、合計で5~10回程度の治療が必要になります。

費用は顔全体で1回あたり60,000円、5回で240,000円前後かかります。シミ治療は自由診療のため、クリニックによっては価格が異なります。

●Qスイッチルビーレーザー 真皮にまで落ちた濃くなってしまったシミは美白化粧品では改善しません。...