トップページ >  > 老人性色素斑を改善する方法

老人性色素斑を改善する方法

老人性色素斑 シミのタイプで最も多いのが老人性色素斑です。日焼けによる紫外線や加齢が原因で出来るシミです。老人性色素斑は薄い茶色のシミができはじめ、次第に濃い茶色に変化します。



老人性色素斑は頬骨の高い部分にできやすい特徴があります。老人性色素斑の初期の症状である薄いシミには美白化粧品が有効です。ハイドロキノンをはじめ、ビタミンC誘導体やアルブチンを配合した美白化粧品を使用します。

濃い茶色のシミなってしまうと、ハイドロキノン以外の化粧品では中々改善できません。さらに、角質層が暑くなると、レーザーによる治療が必要になります。

また、老人性色素斑は紫外線を浴びると、どんどん濃くなってしまいます。日頃から日傘やサングラスをはじめ、パウダーファンデーションや日焼け止めを塗ることで紫外線をブロックする事が重要です。

老人性色素斑におすすめの美白化粧品はアンプルールです。アンプルールのスポット美容液にはシミを薄くするハイドロキノンを配合しています。また、化粧水や美容液にはアルブチン、ビタミンC誘導体を配合し、シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害します。

ハイドロキノンでも薄くならない、濃いシミにはレーザー治療が必要です。美容外科などでルビーレーザーと呼ばれる波長の光を当て、メラニン色素を薄くしていきます。1ヶ所4,000円前後から治療を受けられます。料金についてはシミの大きさによって異なるので、クリニックに確認することをおすすめします。

老人性色素斑 シミのタイプで最も多いのが老人性色素斑です。日焼けによる紫外線や加齢が原因で出来るシ...