トップページ >  > 紫外線対策でシミ予防

紫外線対策でシミ予防

シミの原因のほとんどは紫外線です。紫外線にはUVA波、UVB波があり、シミを引き起こすのはUVB波です。UVB波は真皮にまでは届きませんが、刺激が強いため、炎症を引き起こします。炎症を引き起こすことで、シミの原因となるメラノサイトがメラニン色素を生成し、シミを引き起こします。



紫外線は5月から7月にかけて最も増えます。紫外線対策で大事なのは、当たり前ですが、紫外線を浴びないことです。夏場は出来るだけ直射日光を避けることです。外に出る際は、日傘や帽子、サングラスなどの使用をおすすめします。衣服はなるべく黒に近いものがおすすめです。紫外線の量は午前10時から午後2時頃までが最も多い時間帯です。

紫外線対策で外せないのが日焼け止め(サンスクリーン)です。日焼け止めはUVB波、UVA波をブロックする役割があります。日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。紫外吸収剤の多くは化学成分を使用している為、最近の日焼け止めは紫外線吸収剤を使わないノンケミカルが一般的です。日焼け止めは顔だけでなく、デコルテ、首の後ろなどの日光が当たりそうなところにもしっかり塗るようにします。

紫外線にはSPF、PAの表示があります。SPFはUVB波を防ぐ強さ、PAはUVA波を防ぐ強さを表しています。SPFの数値が高いほど、紫外線を防止する力が強くなります。特に長時間外に出る場合はSPFが高めのタイプを選ぶのがおすすめ。ただ、SPFの数値が高いと肌への刺激が強くなります。敏感肌の場合、肌荒れや赤みが出ることがあります。その場合はSPF値の低い日焼け止めを塗り直しながら使う事をおすすめします。

日焼け止め以外にはファンデーションも日焼け対策に有効です。紫外線にはパウダーファンデーションがおすすめです。リキッドに比べて油分が少ないので低刺激で、密度が高い為です。最近ではミネラルファンデーションも人気です。カバー力は少し落ちますが、油分を使っていないため低刺激です。最近ではSPF50などのファンデーションも増えて来ています。紫外線では肌が荒れる方におすすめです。

シミの原因のほとんどは紫外線です。紫外線にはUVA波、UVB波があり、シミを引き起こすのはUVB波...