トップページ >  > シミを濃くしない食品、栄養について

シミを濃くしない食品、栄養について

シミの改善には食事、栄養の見直しも重要です。ここではシミ対策におすすめの栄養、食品について紹介します。



・食事とシミ対策
シミはターンオーバーの乱れが原因の場合がほとんどです。 ターンオーバーが正常に働いていないと、紫外線によって発生するメラニン色素が角質層に残り、古い角質が剥がれ落ちずにシミとして残ってしまいます。肌のターンオーバーはスキンケアだけで無く、食事によっても促すことができます。

●シミ対策で摂りたい栄養素

・タンパク質
ターンオーバーの改善にはタンパク質が欠かせません。タンパク質はコラーゲン、天然保湿因子など、肌や髪の毛に欠かせない栄養分です。タンパク質をしっかり摂る事でアミノ酸も増加し、ターンオーバーが活性化します。タンパク質はお肉、魚、卵、乳製品、大豆などに含まれています。

・オメガ3脂肪酸
オメガ3脂肪酸はイワシ、サバ、マグロなどの青魚に含まれる脂肪酸の一種です。オメガ3脂肪酸は血流を改善する作用があります。血行が良くなると栄養や酸素が基底層細胞に届きやすくなります。基底層細胞に栄養が届くと、細胞活動が活性化してターンオーバーが促進されます。

・ビタミン類
ビタミンAには皮膚粘膜の修復やターンオーバーを改善する作用があります。うなぎ、にんじん、レバーなどに含まれています。ビタミンB郡は代謝を改善する作用があり、ニキビ対策にも有効な栄養素です。豚肉、レバー、納豆などに含まれています。ビタミンCはシミ対策や抗酸化作用があります。イチゴ、レモン、キウイ、パプリカなどに豊富です。ビタミンEにも抗酸化作用があり、シミの原因となる活性酸素を阻害する作用があります。カボチャ、もろへいや、たらこなどに含まれています。

・ミネラル
亜鉛にはタンパク質の合成、細胞の代謝促進、ターンオーバーの促進などのシミ対策に欠かせない作用があり、意識的に摂りたい栄養素です。亜鉛は牡蠣をはじめ、うなぎ、牛肉などに含まれています。その他、外食で塩分を多く摂る人にはカリウムも大切です。カリウムはナトリウムを排出する作用があります。アボガド、煮干し、鶏のささみ、さつまいもなどに含まれています。

シミの改善には食事、栄養の見直しも重要です。ここではシミ対策におすすめの栄養、食品について紹介しま...